ペットと一緒に入れるお墓を探します

ペットと一緒に入れるお墓ってありませんか?最近、お問合せが多いんです。でも、許可してもらえません。方法はあります。動画で簡単に、説明しています。4分ほどです。聞き終えたら、資料請求をしてください。きっと、いい方法が見つかると思います。フリーダイヤルと資料請求のバナーがあります。資料は名前と住所だけで送る事ができます。電話は強制ではありませんので、安心してください。
動画はこちらから ↓  ↓  ↓





スマホの方は、そのまま、タップ

■ペットと一緒にはいれるお墓はありませんか?

家族を癒してくれた大好きな猫が死んじゃいました。すごいペットロスです。うちの子に相応しいお墓をさがしに、お寺の墓地や、ペット霊園を見学に行きました。たくさん見学に行きましたが、寂しい所が多かったです。うちの子は、寂しがりやだったから、お寺のお墓や、ペット霊園に、ひとりで入れてやるのは、辛いです。できたら、自分の墓に入れてやりたいです。みんな、そう思いますよね

■ペットは家族同然

そうです。愛犬・愛猫は、家族、同然。自分達の入るお墓に一緒に入れてやりたい・・・。でも、お墓には法律があって、人骨しか入れてはいけないと記載してあるそうです。でも、実際は、副葬品をいれる方が、すごく多いです。遺品・写真とかです。ならば、愛犬、愛猫のお骨も、副葬品として、いれてもいいと思い、墓地管理者の方にお願いしてみました。でも、受けてもらえませんでした。何故でしょうか?

■法律ではダメなんだけど・・・

それは、お墓に入っている、全ての遺骨は、最後には、みんな、一つのお墓に入るからです。みんなが入るお墓に、動物の遺骨が入っている事を知ると、お墓を持ってられる方は、嫌がりますよね。だから、お墓の管理者は許してくれないんです。じゃあ、絶対に合祀されないお墓なら、大丈夫ですね。そんな、お墓さえあれば、ほかの方に、迷惑をかけずに、自分のお墓に、ペットを入れてやる事は、できますよね。でも、そんな都合のいい墓地はありますか?

■合祀されない永代供養のお墓

それが、あるんです。京都府宇治市に、霊園墓地があります。そこの樹木葬は、未来永劫に、合祀されません。じゃあ、副葬品を入れても、迷惑は、かかりませんよね。職員様も、快く、副葬品として扱ってくれます。

■ペットの遺骨は副葬品

どこのお墓でも、お骨を納める時は、 必ず墓地管理者の許可を受ける必要があります。勝手に納骨はできません。ちゃんと許可をもらって下さい。ペットの遺骨はご主人様を納骨する時、横に添えてあげるという感じです。このページを載せている本人も、愛猫を一緒のお墓に入れてやりたい一心です。方法を探しました。結果、使用料が安くて、こころよく受けてもらえるのはここしかないと思います。愛犬・愛猫を離せないあなた、問い合わせしてください。

■みなさん、思いは同じです

合祀されない樹木葬の、資料請求、または問い合わせをしてください。資料は、宇治にある霊園から送ります。村上が相談を承ります。フリーダイヤルがあります。0120-482-038。シバフレイエンサンパイと覚えて下さい。スマホからの問い合わせもできます。下のバナーをクリックして、問い合わせしてください。名前と住所だけで資料が届きます。愛犬、愛猫も、自分たちのお墓に、一緒に入れてあげられたら、幸せですよね。問い合わせ、お待ちしております
このページの主催者 (猫大好き終活カウンセラー)永代供養・新墓地紹介センター参事

問合せ・フリーダイヤルはこちらから




スマホの方は、そのまま、タップ